子の足跡を知りたい場合には、昔ならば不可能だったGPS追跡と言われるものができます。これは、子供用携帯電話にも入っており、放課後であれば子供に携帯電話を持たせて時間までに帰ってこない場合、親の方から情報を特定することができます。しかも最近は、かなり正確になっており昔のように場所がずれて表示されるような事はほとんどなくなりました。これは2018年から、GPS衛星が日本の上空を飛んでいるからです。

これにより、かなり的確に位置を特定させることができるため携帯電話を持つ意味も大きくなったといえます。携帯電話は子の足跡を知りたい場合には、昔ならば不可能だったGPS追跡と言われるものができます。これは、子供用携帯電話にも入っており、放課後であれば子供に携帯電話を持たせて時間までに帰ってこない場合、親の方から情報を特定することができます。携帯電話は、学校にもっていくわけにもいかず放課後にしか役に立ちません。

この場合には、GPS本体を持ち歩くようにすると良いでしょう。キーホルダー型などが、学校等に持っていっても問題ありません。この時になるのはその料金になります。基本的に、本体価格と毎月の通信料がかかってきます。

本体価格はピンからキリまでありますが、安いものならば三千苑位から手に入れることができるでしょう。高いものは1万円ぐらいしますが、この違いはその機能の違いといっても言い過ぎではありません。現在地を特定する機能だけでなく、追跡機能を始めとする豪華な機能が高いものにはついており、必要に応じて購入すると言う意味です。通信料は、一般的に1月当たり500円前後のことが多くなります。

1部例外として、最初の1年間ないしは2年間は通信しようが無料のところもあるため、それらも考慮して検討してみるのが良いかもしれません。キッズのオーバーオールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です