お子さんが学校や自宅、習い事など登録した場所に到着した際に保護者のスマートフォンに通知が届く子供用GPSは、共働きの家庭内での安心に繋げることができる便利な道具といっても過言ではありません。自宅に到着したときに通知が届くタイプ、これは共稼ぎなどで平日の昼間に家にいないお母さんや買い物などで外出しているときにお子さんが自宅に戻ったときなど便利な機能といえるのではないでしょうか。登録した場所に到着した際に通知が届くものは自動通知機能を持つ子供用GPSで、登録可能な通知エリア件数は製品により異なりますが最大10件まで登録できるタイプもあるようです。複数の教室に通っていたり、数名の友達の家に遊びに出かけることが多いお子さんなど登録件数が多い子供用GPSは選ぶ際の決め手になります。

子供用GPSは、電子機器の一種で電源を必要とする道具ですが、製品により充電はデイリーではなく最大1週間使えるタイプもありますし、充電量が少なくなった段階でスマートフォンに通知が届くタイプなどは、充電のタイミングを逃さない安心感や利便性を持ちます。ところで、最近の小学生が背負っているランドセルには防犯ブザーが付いている学童が多くいますが、これは万が一のときにブザーを鳴らして助けを求めるときに使う安心な道具です。子供用GPSの多くは、アラーム機能などのような音が出る機能はないけれども、SOSボタンが付いているタイプを使えば保護者のスマートフォンに通知が届くようになっています。男の子の子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です